就職説明会の種類と参加時の注意点について

就職活動の最初の段階である就職説明会ですが、たとえ説明会に行く時でも、面接を受けに行く気構えが必要です。就職説明会と一口に言っても、どういった段取りで行われるかはその時によって違います。企業数社が合同で開催する説明会と、1つの企業が開催する説明会とでは、会の趣旨や、やる内容が全然違うものになります。 Continue reading

転職によるグレートエスケープ

私は新卒でIT企業に就職したアラフォー男性です。当時就職した会社はメーカー系のIT企業でしたが、配属された部署は常に客先常駐で、直接的にお客様の視線にさらされるアウェーの環境でした。複数の顧客先を経験しましたが、最後に常駐した顧客の文化が超体育会系でした。休日出社の強要や半端ではない日々のプレッシャーに心底嫌気がさして転職を決意しました。

ところが転職を決断して活動をしようと思っても、休日出社も余儀なくされる状況だったのでまともに転職活動をすることも出来ませんでした。現状から逃げ出すための活動が現状が忙しすぎるので満足に専念できないという実情に焦りました。それでも何とか活動を行った結果、運良く、現状を改善できそうなIT企業から面接を受けるアプローチを貰うことが出来ました。その企業が優良企業だと思ったのが土日の面接は一切実施していなかったことです。それまでの私の労働環境が深夜も土日も関係なし、という最悪な風土だったのでこれは新鮮でした。ところが平日の面接となると、忙しすぎてとても休めないので困りました。結局、体調不良による通院という名目で朝一の面接を受けて、そのまま遠方の顧客先にギリギリ昼休み明けまでに向かうという形を取りました。最終面接まで進むことが出来たので3回も同じ口実を使いました。

幸運なことにその企業に採用されて現在に至ります。転職後の数年間は文化の違いや周囲のスピード感についていけず苦労もしましたが、今はすっかり順応することが出来て、ある程度自分で働き方をコントロール出来ています。私にとってはこの転職は大げさでなくグレートエスケープだと思っています。あのままあの客先で働き続けていたらメンタルも含めた何らかの病気になっていた可能性が高いと思います。今振り返っても、行動すべきときにエネルギーを振り絞って行動出来た自分自身を褒めてあげたい経験です。ココ!

中高年の転職のための就職支援について

転職が難しい中高年に対しては、色々な就職支援がされているようです。実際に働いていた経験がながい中高年は、社会人として培ってきたノウハウや、経験を生かして、次の転職先を探し出すことが可能です。会社としても、中途採用者を対象とした求人を出すことで、ある程度の結果を出しているような人を採用したいと思っているようです。 Continue reading

看護師長との人間関係

看護師長の関わり方について悩んでいます。

以前、私が入ったばかりの頃は私の事を凄く可愛がってくれていて応援してくれていたのですが、少し前に看護師長のミスを私が指摘した事がありました。もちろん激しく追及したつもりは無く、やんわりと指摘したつもりだったのですが、それがどうも気に食わなかったようで。 Continue reading

仕事を辞める時期の決め方

個人的な理由や、転職都合などで仕事を辞めるという時に、退職タイミングを判断する根拠は、どういう点にあるのでしょう。

昔から、日本では終身雇用制度が一般的でした。

始めて勤め始めた会社で、定年までいることは、ごく普通のことでした。

けれども現在、日本の終身雇用制は崩壊しつつあります。 Continue reading

就職の試験対策には時間をかける

就職の時には面接や筆記試験などの採用試験をパスしなければ、内定を得ることはできません。
面接では、相手から可能な限り高評価を得るための言動を心がける必要があります。
あらかじめ、試験対策をきちんとやっておくことが、よい成績をおさめるコツです。 Continue reading

雇用の際に活用できるスカウトの体系

最近は、スカウトシステムを活用することで、効率的な雇用行動をしているヒトがある。

雇用行動は求職パーソンが希望する店を探して、自分から店に応募して顔合わせのお願いをするのが一般的な方法です。

設置に積極的な店は、求人コマーシャルを出してただ求職パーソンから応募達するのを迎えるだけではないのです。 Continue reading

ブラックからの退職

昨年の秋、4年半務めた寝具・家具のメーカーの受注事務を退職しました。新卒で入社して以来ずっと勤めてきたのですが、人員不足すぎて夏頃から、受注入力しながら在庫管理をして、全工場の製造計画をたて試作品を作り、カタログやHPのメンテナンスをし、出荷作業をこなし、工場内で製造業務に携わりるというもはや何屋なのかわからない状況に陥りました。
Continue reading