アパレル業界に転職しよう

アパレル業界といいうのは一般的には服飾関係の業界のことですが、お店などで販売を担当するショップスタッフ以外にもさまざまな仕事があります。アパレル業界に転職しようとしている方は、自分が何をやりたいのかをまず明確にすることがお勧めです。

Continue reading

転職活動のノウハウ

転職をする場合にはそのノウハウを習得することによって、よりスムーズに効率よく活動できるようになります。多くの人が、自分の働き方に納得のいかない部分を感じながらも、転職が失敗した時のことを考えると、一歩が踏み出せないでいます。転職活動について調べることなく、現状に甘んじているという人はたくさんいます。周囲との軋轢がひどくなったり、会社の環境が悪くなったりして、今の仕事を続けていられなくなる場合があります。 Continue reading

薬剤師とはどんな仕事

薬剤師と一言で言いますが、どんな仕事をするのでしょうか?
主な仕事としては調剤(粉、液剤、注射薬)になります。慣れてくると患者さんへの服薬指導を行い、また監督も行います。

そして、在庫管理、発注、伝票整理といった雑用とも思われる仕事も薬剤師でなければできない仕事です。
Continue reading

お医者さんも競争社会。サラリーマン医師か独立か

お医者さんだって人間。当然、生活のために稼いでいるわけだしいろいろな理由で職場を変えたい人だっているはず。

医師免許を持っている人もぴんからきりまで。どこかの病院に勤めているサラリーマン医師もいれば、開業医として個人事業主の独立経営をしている人も。

ただいずれにせよ技術の上手い下手はあれこれあるわけでして、そこでは当然競争があるわけなんだなこれが。サボっていたらいつまでたっても患者さんからの評判がからっきしだから収入がない。

一方で、技術がある人ならばあちこちから引く手あまた。良い条件のスカウトがあるかもしれないし、その辺が売り手市場と買い手市場の違いが同じ医師なのにハッキリしてしまう原因でもある。

そう考えてみると、過酷な条件でも休みなしで一生懸命やっている先生はほんと頭が下がる思い。ただ、あまりにも休めていない状況があるのも事実なので、医者の不養生ではないけれどもドクター自身の健康管理も考えるなら転職したほうがいいんじゃないかと思うこともある。

一方、ヤブ医者には当然用がないのだから速やかにお引き取りくださいと何度でも言いたい。医師紹介会社はこちら!

就職説明会の種類と参加時の注意点について

就職活動の最初の段階である就職説明会ですが、たとえ説明会に行く時でも、面接を受けに行く気構えが必要です。就職説明会と一口に言っても、どういった段取りで行われるかはその時によって違います。企業数社が合同で開催する説明会と、1つの企業が開催する説明会とでは、会の趣旨や、やる内容が全然違うものになります。 Continue reading

転職によるグレートエスケープ

私は新卒でIT企業に就職したアラフォー男性です。当時就職した会社はメーカー系のIT企業でしたが、配属された部署は常に客先常駐で、直接的にお客様の視線にさらされるアウェーの環境でした。複数の顧客先を経験しましたが、最後に常駐した顧客の文化が超体育会系でした。休日出社の強要や半端ではない日々のプレッシャーに心底嫌気がさして転職を決意しました。

ところが転職を決断して活動をしようと思っても、休日出社も余儀なくされる状況だったのでまともに転職活動をすることも出来ませんでした。現状から逃げ出すための活動が現状が忙しすぎるので満足に専念できないという実情に焦りました。それでも何とか活動を行った結果、運良く、現状を改善できそうなIT企業から面接を受けるアプローチを貰うことが出来ました。その企業が優良企業だと思ったのが土日の面接は一切実施していなかったことです。それまでの私の労働環境が深夜も土日も関係なし、という最悪な風土だったのでこれは新鮮でした。ところが平日の面接となると、忙しすぎてとても休めないので困りました。結局、体調不良による通院という名目で朝一の面接を受けて、そのまま遠方の顧客先にギリギリ昼休み明けまでに向かうという形を取りました。最終面接まで進むことが出来たので3回も同じ口実を使いました。

幸運なことにその企業に採用されて現在に至ります。転職後の数年間は文化の違いや周囲のスピード感についていけず苦労もしましたが、今はすっかり順応することが出来て、ある程度自分で働き方をコントロール出来ています。私にとってはこの転職は大げさでなくグレートエスケープだと思っています。あのままあの客先で働き続けていたらメンタルも含めた何らかの病気になっていた可能性が高いと思います。今振り返っても、行動すべきときにエネルギーを振り絞って行動出来た自分自身を褒めてあげたい経験です。ココ!